スズメ · 東京すずめ · 雑記

ひょうたんすずめ

ひょうたんすずめ

人気ブログランキングへ

福井県の民話に「#すずめの瓢箪」という話があります。

この話は、貧しい老夫婦が怪我をしてしまった雀を助けてやったところ、快癒した雀がお礼に瓢箪の種をくれ、その種を育てたところ瓢箪の実からお米がザクザク出てきた。

というもの。

この民話に因んで、福井県のアンテナショップでは「すずめひょうたん」というおむすびを販売しているそうです。

ところでこの民話、調べてみるとやはり似たような話が各地にありました。

少し例をあげると、

福島県では「お米だけでなくお金もザクザク出てくる」や鳥取県では「米と炭が出てくる」という物もありました。

老夫婦という設定も、単身のお婆さんだけ登場するという話もありました。

さらに『ただ優しい人が雀を助けたら恩返しをしてもらった』というだけではなく、近所に住む悪い人が出てきます。

この悪い人は怪我をした雀がいないからといって、わざと雀に怪我をさせ『治療したから恩返しをしろ』と言います。

当然ひどい罰をを受けることになるのですが、結局のところ、

「雀に良くすると家は栄える」
「雀は善人と悪人を見分ける」
「雀は恩返しもするし復讐もする」

という話が大筋のようです。

しかしどれも瓢箪からお米が出てくるという設定は皆いっしょでしたので、これは元の話があるのでは? と思い少々調べると、宇治拾遺物語の「腰折れ雀(腰折れ雀)」という話が出てきました。

この話のあらすじを読むと“あぁ”となります。

宇治拾遺物語は鎌倉初期くらいに成立したものですから「腰折れ雀」という話は、少なくとも800年は昔の話ということになりますね。

それにしても各地の民話と比べて悪い人の結末が悪すぎる点は流石だな、と思いました。

民話とか昔話って、現代の世に伝わっているものは、万人受けする“やわらかいテイスト”に変わっていますが、原点と辿るとかなり苛烈な内容なものが多いですよね。

まぁ、小さな雀にわざと怪我をさせ、治したから恩返しをしろって…(汗)

ひどい仕打ちも当然ですね。

弱きもの小さきものを本心から助け、報われることなど望みもしなかったところに発生する奇跡。

嬉しいですが、奇跡はおまけみたいなモノですね。

大切なところはそこではありません。

しかし雀が登場する民話や昔話にはこのパターンが多いですね。

やはり伝説の鳥『鳳凰の雛』なのかな?

下のリンクをクリックしていただけると励みになります。

人気ブログランキングへ

最後までお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m

スズメ写真集のaliveOnline
雀の写真や本もきっと良運をもたらします
だいきちグッズはSUZURI
もっとカジュアルに!!
スズメのキャラグッズもおすすめです
スズメ · 東京すずめ · 雑記

舌切り雀

舌切り雀

人気ブログランキングへ

舌切り雀…スズメ・ファンタジーの元祖でしょうか?

Webでスズメの話を調べていると、ダントツのヒット数。

とにかくみなさんご存知のお話ですね。

どんな話かというと…

庭に来るスズメがお爺さんにとても懐いてしまい、山へ帰そうとしても戻ってきてしまうため、自宅で面倒をみることに。

あまりに愛らしいものだから、名前も付けて(「ちゅん」とか「ちゅん子」だったと思う)とても可愛がっていたそうです。

しかしある日、お婆さんが障子の張り替えのために作っていた続飯(そくい)という米を元にして作った糊をスズメが食べてしまう。

それに怒ったお婆さんがスズメを捕まえて、その舌を切ったうえに家からも追放してしまうんですよね。

舌切り雀

あとでそれを知ったお爺さんは、スズメが心配で山に探しにいきます。

スズメの情報を得るために、お爺さんは結構苦労して(おしっこ飲めとか血を飲めとかいろいろ酷い目にあいます)、とうとうスズメのお宿を見つけました。

すると、お宿の中からスズメが出てきてお爺さんを招き入れました。

舌を切られたスズメは、お婆さんの糊を食べてしまったことを謝罪し、怪我をしてしまった自分(スズメ)を心配してくれたお爺さんに感謝しました。

スズメのお宿では、仲間のスズメたちが御馳走を用意してくれて、それを食べつつ飲めや歌えの大宴会をして楽しく時を過ごしました。

しかし、お婆さんを残してきてしまったお爺さんは、家が心配になり帰ることに。

舌切り雀

するとスズメは大きな葛と小さな葛を持ってきて「お土産にどちらか持っていってください」といいます。

お爺さんは「私は年寄りなので小さいほうで…」と小さな葛を持って家に帰りました。

山を降り、家に帰ってその葛を開けてみたら、中には金銀財宝がびっしり詰まっていたので、お爺さんはびっくり。

話を聞き、葛の中身を見たお婆さんは、大きな葛ならもっと財宝が入っているはず。

とスズメのお宿へいき、強引に大きな葛を持ってきてしまいました。

帰り際、スズメたちから「帰るまで葛をあけてはなりませんよ」と言われたけれど、我慢できずに途中で開封…。

するとそこから出てきたのは、魑魅魍魎(他にも虫や蛇など)ども。

お婆さんは葛から出てきた魑魅魍魎に食い殺されてしまいました。

と、だいたいそんなお話でしたね。

エンディングはお婆さんは殺されず、お爺さんが「無慈悲なことをしたり欲張ったりないことだ」と諭す、という風になっているものもありますね。

スズメは恩を返してくれるけど、仇も必ず打つ!

「腰折れ雀」のお話でも、同様のことが書かれていました。

あと、「スズメが自ら近づいてきて招き入れる」というのは、もちろん経験ありませんが(笑)“なんかわかるぅ〜”のポイントでした。

それにしても、スズメを探しに山に行ったとありますが、ニュウナイスズメだったのでしょうか? 昔は知りませんが、現在スズメは山というより里や町を住まいにしている鳥と思っていたので…。

もしからした、想像しているより小さな山なのかな? 人家からそんなに離れていないとか。そういえば、山で「人」にスズメの居場所を聞いて回ったともありました。人がいるならスズメもいるかもですね。本当に「人」ならですが(笑)

心からスズメを可愛がり良くしてくれた人間に、お米やら財宝やらをくれるという話はとても興味深いですね。

小さいもの、弱いもの…。そういう存在に対し慈悲の心を持ち、さらに強欲にならないで生きることこそ“真の幸せをつかむ秘訣”と言いたいのでしょう。これはいろんな昔話やおとぎ話で繰り返し語られていることですよね。

しかし、今ならお婆さんに言ってやりたいですね。

スズメは米とか人のもの食べていいって神様に許された存在なんだぞ!って(笑)

ちゃんちゃん♪

舌切り雀
私たちが作った「あした、どこかで。〜again〜いのちの詩」も、スズメたちが“たからもの”とは何かを教えてくれるスズメ・ファンタジーです。
あした、どこかで。
たからものを見つけよう!

下のリンクをクリックしていただけると励みになります。

人気ブログランキングへ

最後までお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m

スズメ写真集のaliveOnline
雀の写真や本もきっと良運をもたらします
だいきちグッズはSUZURI
もっとカジュアルに!!
スズメのキャラグッズもおすすめです
BIRDER · スズメ · 東京すずめ · 雑記

今日のSNSまとめ

寒波が襲来するそうです

人気ブログランキングへ

ボクもくっついていい?

・:*+.小さなあの子の物語.:+*:・
‪『#スズメ写真集 あした、どこかで。』全4巻のお求めは‬👉https://aliveonline.shop/ 🐣

いつもの場所に仲間がこない

人気ブログランキングへ

きょうはメンツがそろわない…

#BIRDER 連載

・:*+.#雀と一休み.:+*:・

よろしくお願い致します☺️

別名の星の瞳のほうがいいですよね

人気ブログランキングへ

イヌフグリって植物に似ててそれより大きいからって #オオイヌノフグリ はかわいそう。

別名である「#星の瞳」は、とてもあってるしそれを正式名にしてあげて欲しい💦
他にも #瑠璃唐草 #天人唐草 という名もありますが

オオイヌノフグリよりは全て良さげですよね〜。

#植物 #plants #花 #flower #自然 #nature #季節 #season #東京 #tokyo #写真 #photo #photography

メジロ

人気ブログランキングへ

めじーさん。何見てんのかな?

形状が好きなホトケノザ

人気ブログランキングへ

#ホトケノザ

こちらは春の七草ではなく食用でもないですがなかなか個性的な形状が好きです。

また会えるよね?

下のリンクをクリックしていただけると励みになります。

人気ブログランキングへ

最後までお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m

スズメ写真集のaliveOnline
雀の写真や本もきっと良運をもたらします
だいきちグッズはSUZURI
もっとカジュアルに!!
スズメのキャラグッズもおすすめです
スズメ · 東京すずめ · 雑記

寒雀

寒雀

人気ブログランキングへ

大寒から立春にかけての期間は寒さが厳しい季節です。

人は寒いと服を着込んだり、火などで暖をとって乗り切りますが、野鳥たちは膨らませた羽毛に空気の層を閉じ込め、自らの体温で温め寒さを凌ぎます。

その姿は外観的にまんまるで可愛らしいです。

ハクセキレイ
ハクセキレイも丸くなります

厳しい寒さを凌ぐための行為を“可愛い”というのもなんですが、ぽちゃっと膨らんだ姿はやはり笑顔を誘います。

寒雀

スズメも寒さを凌ぐため同じ行為をします。

それを『ふくらすずめ』と言ったりしますが、大寒から立春にかけての季節は特別に『寒雀』と言ったりします。

もともとは食鳥としてのスズメをそう呼んだそうなのですが、今では大寒の頃の『季語』ともなっているそうです。

スズメにとって食べるものが少ない冬季は、長年の隣人である人に食を求め近づいてくる傾向があります。

それはとても愛らしく親しみやすいものです。

寒さ厳しい季節ではありますが、外出する際は『寒雀』をみて心を温めて過ごしましょう。

寒雀

下のリンクをクリックしていただけると励みになります。

人気ブログランキングへ

最後までお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m

スズメ写真集のaliveOnline
雀の写真や本もきっと良運をもたらします
だいきちグッズはSUZURI
もっとカジュアルに!!
スズメのキャラグッズもおすすめです
スズメ · 東京すずめ · 雑記

スズメが作る美味しい水?

あるお酒のルーツにスズメあり!?

人気ブログランキングへ

前回、スズメが勧めるお酒の話をしました。

今回もまたスズメとお酒の言い伝えですが、これはこれで興味深いお話ですよ。

むかし、南の島のある漁師が、岩礁のてっぺんにスズメが粟穂を集めているのを発見したそうです。

何日も同じ行動を見ていた漁師は、気になってその岩礁によじ登ってみることに。

てっぺんまで登り見てみると、そこには穴が空いていて粟穂は水に浸かっていました。

なんだろうな? と思った漁師はその水をペロリと舐めてみました。

それは、とても美味しい水でした。

その水は、飲めば飲むほどいい気分になり元気も出てきたので、漁師はとても気に入り、なんとか自分の家でも作れないものかと、スズメの真似をして粟穂を集め水に漬け込んでみましたが、全然美味しくありませんでした。

とても落胆した漁師は、美味しい水作りはあきらめ漁に専念しました。

それから数日が経ち、この日も漁から帰ると家の中からなにやら良い香りがしました。

もしかしたらっ! と思った漁師は例の“粟穂水”のある場所に行き、あらためて飲んでみました。

すると、スズメが作っていた水と同じ味がしたので漁師はとても喜び、この水を村人にも振る舞い作り方も教えました。

漁師の村は陽気で元気になり、その美味しい水を各家で作り互いにもてなしあい、仲良く平和に暮らしたそうです。

それが、現在の『泡盛のルーツ』という言い伝え…

おしまい。

面白いですね。

“サル酒”ならぬ“スズメ酒”のお話でした。

まぁ実際のところ泡盛は「蒸留酒」ですから、製法からしても違う気もしますが、かつて主原料として粟を使用していたことは事実のようで(古い文献にも記述がある)、その関係で「アワモリ」という名が付いたという説もあるほどです(他には注ぐときに泡がたつから説や梵語由来説などもあります)。

※ちなみに、現在はインディカ米(タイ米)を主原料としています。

さらに、果たしてスズメちゃんがお酒など作るのか!?という点も少々疑問ですが、せっせと粟穂を運んでお酒を作る姿を想像するとなんかニヤケちゃいます。

私的には泡盛が飲みたくなりますし、スズメが活躍する言い伝えだったので、真偽とか関係なくなんだか楽しくなっちゃいましたね〜(笑)

下のリンクをクリックしていただけると励みになります。

人気ブログランキングへ

最後までお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m

スズメ写真集のaliveOnline
雀の写真や本もきっと良運をもたらします
だいきちグッズはSUZURI
もっとカジュアルに!!
スズメのキャラグッズもおすすめです

スズメ · 東京すずめ · 雑記

すずめ酒

スズメのお酒

人気ブログランキングへ

以前このブログで「スズメは成長すると鳳凰になる」という古い言い伝えがあると書きました。

言い伝えによると、鳳凰は人の性格を見定め親切な人々を祝福する‪鳥といい、その“雛”であるスズメも同様の能力をもつとされています。

今回もそんなお話。

昔、ある村に貧乏だけれども正直者の老夫婦がいました。

ある日、山仕事から家に帰ろうと歩いていると、竹やぶにスズメが集まっているのを見つけました。

可愛いスズメたちが一体何をしているのか気になった老夫婦は、竹やぶをそっと覗いてみました。

竹やぶの中ではスズメの群れが酒樽を囲んで宴会の真っ最中!

それには老夫婦もびっくり。

しばらくするとスズメが自らやってきて

「このお酒を飲むと運が良くなるよ」

といって酒をすすめてきた。

老夫婦はすすめられるがままに酒を飲んだが、これがとても美味い!

すっかり元気になった老夫婦は、スズメと共に飲めや踊れやの大宴会。

とても楽しい時間を過ごしました。


   

いったいどんなお酒だったんでしょうね〜


宴会も終わりお礼を言って家に帰ると、老夫婦は村人にその話をしました。

その中に怠け者の村人がいて、話を聞くと早速竹やぶへ。

男はスズメたちを見つけると

「その酒を俺にもくれ」といいました。

するとスズメたちは「人間がこの酒を飲むとスズメになってしまうよ」「やめたほうがいいよ」と忠告します。

しかし怠け者の男は強引に酒を奪い飲んでしまいました。

すると男の体はみるみる縮みスズメになったあげく、群れからも追われどこかへ飛んでいってしまいました。

いっぽう老夫婦は、“すずめ酒”を飲んだあと運がどんどんよくなり、幸福に暮らしたそうです。

〜おしまい〜

スズメのお酒

この話、調べたところ千葉県や和歌山県に(設定など細かい部分に違いはありますが)同じ趣旨の話が伝わっているようです。

老夫婦には「運が良くなる」といい、怠け者には「やめたほうがいいよ」と忠告する。

同じ酒なのになぜ?

これは「スズメが人を見定める」という“鳳凰の雛”の言い伝えに通じるような気がしました。

それにしてもスズメの酒盛り、参加してみたいものですね。

下のリンクをクリックしていただけると励みになります。

人気ブログランキングへ

最後までお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m

スズメ写真集のaliveOnline
雀の写真や本もきっと良運をもたらします
だいきちグッズはSUZURI
もっとカジュアルに!!
スズメのキャラグッズもおすすめです

スズメ · 東京すずめ · 雑記

すずめ雑記

すずめ雑記

人気ブログランキングへ

すごく昔のこと。

お釈迦様だったか、神様だったか…。

とにかく“大切な方”が病で死の淵に。

その話を聞いて、スズメは取るものも取らず着のみ着のまま急ぎその方の元へ。

そんな健気さ、優しさに触れた“大切な方”はスズメに

『お前は米を食べても良いぞ』

と言ってくれたそうです。

この話、細かなディテールに違いはあるようですが、似た話が日本各地に伝わっているそうです。

スズメは人と隣り合わせに生活する鳥です。

だからなのか、元々の性質なのかは不明ですが、はぐれた四十雀の子などと同じように人に対しても何かと心配をしてくれます。

私もそうでした。

もしも私が“大切な方”みたいな力のある者なら、

「米だけでなく好きな物をなんでも食べよ。邪魔はさせない」

と言って約束してやりたいほどに(笑)

スズメは縁起の良い‪鳥

スズメの言い伝えには、一族繁栄・家内安全・縁結び・良運を運んでくるなど、縁起良い話、イメージの良い話がみられます。

冒頭の「優しい鳥」というお話もそうですよね。

いかにもスズメらしいエピソードだと思います。

私は偶然にもスズメの優しさに触れました。

以来、この身近な鳥たちに「感謝と敬意」を表しつつ、写真を撮らせていただいてきました。

そしで“人間界”において、掛けがえのない「宝もの」を得たと思っています。

ですから、これからも初心を忘れず、スズメと共に生きていけたらと願うばかりです。

人と共に長年生きてきたスズメに感謝と敬意を表しています

下のリンクをクリックしていただけると励みになります。

人気ブログランキングへ

最後までお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m

スズメ写真集のaliveOnline
だいきちグッズはSUZURI