大板山たたら製鉄遺跡に行ってみた | すずめのおみせはいかがでちゅん?

大板山たたら製鉄遺跡に行ってみた

雑記

萩市中心部から車で約40分、地域でいうと福栄というところの北部に、世界遺産で国指定の“明治日本の産業革命遺産”になっている、大板山たたら製鉄遺跡というところに行ってみた

というのも、Twitterで「萩・世界遺産カードラリー2021」をやってるということと、全部回れるかな?みたいな呟きをしたので、行かねば! ということになった

萩・世界遺産カードラリー2021についてはこちらを参照してね♪

たたら製鉄(たたらせいてつ、英:Tatara)とは、日本において古代から近世にかけて発展した製鉄法で、炉に空気を送り込むのに使われる鞴(ふいご)が「たたら」と呼ばれていたために付けられた名称(Wikipedia参照)なのだそうで、1000年以上の歴史を持つ日本在来の製鉄技術ということらしい

萩市街地から現地に行くには、県道10号線を「ハピネス福栄」という道の駅の『手前』にある福栄唯一の信号が設置されている交差点を左折して県道315号線にアクセスし後は案内表示板に従えば着ける

山の口ダムを目印にしていくのも良い

大板山たたら製鉄遺跡がどんなところなのか、という話は長くなる

それはぜひ行って確認してみて欲しいと思うが、だいたいどんな場所なのか、様子がわかる動画を作ったので、それを参考にしてもらえると嬉しいかな

道中の風景はとてものどかで癒される
途中カモちゃんがいたので激写(流れで)・・
aliveonline
〜癒しのインテリアから感動のスズメ物語まで〜

\すずめのおみせSUZURI店ですよ/


人気ブログランキング
にほんブログ村 鳥ブログ スズメへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました