写真で振り返る『あした、どこかで。』#01

STORES

人気ブログランキング
にほんブログ村 鳥ブログ スズメへ
あした、どこかで。の表紙写真
NIKON D7100 AF-S NIKKOR 80-400mm f/4.5-5.6G ED VR
f/ 6.3 1/1000 ISO320

シリーズ第1話

1st写真集の表紙 『あした、どこかで。』誕生の瞬間

2015年3月初頭。河津桜も咲き揃い空気も幾分温かくなってきた。

この頃の私は「スズメをより生き生きと撮るには?」という課題を胸に日々馴染みの子たちがいる公園に通い詰めていた。

近づきたいけど、近づき過ぎはいけない。カメラの音もできるだけさせないように…と、あれこれ制限を設けながらの撮影は大変だ。

でもレンズ越しにスズメの元気な姿を見ることは、撮影する以上に私にとって癒しの時間なので、嫌になるということは一切なかった。

早朝から撮影を開始し時刻は午前9時を過ぎ。

私はこの時間帯が一番好きだ。何より人出が減り辺りが静かになる。

頂点まで上りきらない太陽の位置も良い。

気のせいかもしれないが、スズメもこの時間はリラックスしているように感じることが多い。

それでもそんな中に人間がドタバタ入っていけば、当然スズメは緊張するし逃げもする。

なので場の雰囲気を壊さないようにソロリソロリ慎重にスズメが集う場所に接近する。

一番うまいやり方は無関心を装い、近くにベンチがあればそれに座ってしばらく何もしないこと。

無関心な人間に対してはあまり警戒心を高めないし、ともすれば大胆に近づいてくることもある。

ただ“無関心な人”を演じるのは難しい。本当はチョー関心をもっているのだから(笑)

この「無関心戦法」は失敗したり成功したりと、まだ確立された“技”ではないが私は日々その技を磨いている。

スズメが近づいてきた!

といってもまだ4、5メートルは離れている。

このまま撮影することも可能だが、せめてあと1、2メートルほどは近づきたい。

しかしまずは撮りはぐりのないようこの位置からスズメ撮ろう。ここでスズメに許されれば近づくのも容易になるし…と撮影を開始。

順調だ。

次は“あちら”が近づいてくるか“こちら”が近づくか、だが近づいてこない…(汗)

ならばこちらから!!! と、こんなやりとりをいつもやっている。

最初のスズメ写真集『あした、どこかで。』の表紙の子が撮れたのも、まさにこんなやりとりの中でだった。

明るく弾む気持ちを表すように、ピョンと片足を上げた可愛らしいポーズ。そして、ちょっととぼけたような…それでいて自信たっぷりの表情。

明日への希望がテーマの『あした、どこかで。』の表紙に相応しい一枚はこれしかない!

そう思ってデータをさえぐささんに見せたところ、一目で気に入ってくれた。

元々別の写真を仮の表紙にしていたが、この写真を見せたら即採用だった。

以前別の提案をした時は、凍えながら撮影したにも関わらず却下されたので私もとても嬉しかった。

さえぐささん曰く、“足もとはセメント、背景は緑。本当になんてことない「その辺」の写真っていうのもコンセプトに合っているし、片足を上げたポーズのレア感も良い”と。

あの時の彼女の会心の笑顔は忘れられない。

これで本の顔が決まり世に出るための準備ができた! まさに『あした、どこかで。』誕生の瞬間である。

文・写真:うえだこうじ

撮影日のできごと

ジョウビタキ
まだジョウビタキ(♀)がいた。私はこの辺りにある彼女の縄張りを熟知していたので、割とたくさん撮らせてもらったことを思い出した。しかし彼女からしたらとても迷惑だっただろう(笑)
お客様の声

下のリンクをクリックしていただけると励みになります。


人気ブログランキング
にほんブログ村 鳥ブログ スズメへ

最後までお読み頂きありがとうございましたm(_ _)m

スズメ写真集のaliveOnline
雀の写真や本もきっと良運をもたらします
だいきちグッズはSUZURI
もっとカジュアルに!!
スズメのキャラグッズもおすすめです

コメント

タイトルとURLをコピーしました