SUZURI · すずめだいきち · スズメ · 今日は何の日 · 東京すずめ

愛と希望と勇気の日(1月14日)

愛と希望と勇気の日

人気ブログランキングへ

#愛と希望と勇気の日(1月14日)

今日は「#愛と希望と勇気の日」だよ。

なんかすごい名前の記念日だけど、別名である「#タロとジロの日」って聞けば、あぁ! ってなるね。

そう1959年のこの日、南極大陸で1年間置き去りにされた樺太犬のタロとジロの生存が確認され、それが人々に愛と勇気と希望を与えたってことで制定された記念日なんだ。

でもタロとジロってどうして置き去りにされちゃったんだろうね?

聞くところによると、1956年の秋に11人の隊員が15頭の樺太犬を伴って南極観測船「宗谷」で南極へと向かったんだ。

でもね〜、その後交代の第二次越冬隊が来る予定だったんだけれど、悪天候が原因でぶ厚い氷に阻まれて「南極行けねー!!」ってことになり、最初の11人の隊員はヘリで救出されることになったんだって。

この時、行動を共にしてきた樺太犬15頭は残念ながら救出できず、なんと鎖に繋いだまま雪原に置き去りに(2ヶ月分の食料は置いていったそうです)。

その際、南極で生まれた子犬8頭と母犬の「シロ子」は隊員の意地で連れ帰ることができたらしいんだけどね。

帰国した観測隊は、犬たちを置き去りにしたことで激しい避難を浴びることになるんだけれど、その時の現場では再突入を試みるなど、でき得る最大限の努力はしたんだって。本当に悔しいね。

南極という「極地」での稀に見る悪天候ってヤツが悲劇を生んだとしか言えないのかもね。

とにかく悲しいことに、15頭の生存は絶望視されていたんだ。

その後一年が過ぎ、第三次越冬隊が南極へ。

第三次隊の観測船から先遣としてヘリコプターを昭和基地に向かわせ、基地周辺を上空から探索させると、なんと2頭の犬の生存が確認されたんだ。

その2頭がタロとジロってことなんだね。

ちなみに15頭の樺太犬のうち、7頭の犬が首輪に繋がれたまま息絶え、他の6頭の消息は分からなかったんだって。

でもどうしてタロとジロは生き残れたのだろうね。

一説によると、よくペットのワンちゃんなんかでもいるけれど、タロとジロは首輪抜けが上手だったらしく、もしかするとその技でいち早く自由になり、生き残ることができなのかもね。

この出来事、全般的には悲劇なんだけれども、首輪抜け名犬のタロとジロの生還のおかげで色々救われたんだね〜。

それじゃ、よい一日を♪

(*^Θ^)ノSmile makes you happy✨

人気ブログランキングへ

#スズメ #illust #illustration #すずめだいきち #大吉 #幸運 #今日を大切に #カレンダー #今日は何の日

aliveOnline SUZURI店
△だいきちグッズはコチラ△

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です