埼玉県民の日 | すずめのおみせはいかがでちゅん?

埼玉県民の日

埼玉県民の日

#埼玉県民の日(11月14日)

とかく愛郷心がないとか言われてる埼玉県民だけど、実は誇れる日本一がたくさんあるよ♪
ざっとあげると
1,快晴日数
2,県内河川面積
3,雛人形出荷額
4,医薬製品・化粧水出荷額
5,地下放水路の規模
詳しくは「すごいぞ!埼玉」→http://www.pref.saitama.lg.jp/a0301/saitamakennomiryoku/zimannbanasi.html
を見てみてちゅん♪

(↓下の方に詳しい日本一の情報や埼玉県の自慢とかをまとめてみたちゅん↓)

すずめだいきちは今日も歌う!!
今日がいい日でありますように❣️

人気ブログランキングへ

【まとめ】埼玉が日本一!【まとめ】

1 いつも快晴
平成20年から平成29年の10年間の快晴日数を合計すると573日となり全国1位!(気象庁HP)

2 川沿いを走る日本一長いサイクリングロード
川沿いを走る日本一長いサイクリングロード(約170km)があるよ。勾配が緩やかな地形面積割合は全国1位!さらに、自転車保有率も高く、たくさんのサイクリングロードがあるなど、まさに埼玉県は「じてんしゃ王国」さ♪

3 川の国埼玉
荒川・利根川の二大河川や、長瀞、飯能河原などに代表される清流など、水辺空間に恵まれている埼玉県。
県土に占める河川面積の割合は3.9%で全国1位。
荒川の鴻巣市・吉見町間の川幅は2,537mでこれも全国1位。(平成19年度国土交通省荒川上流河川事務所調べ)

4 元気とキレイを支えます
医薬品製剤出荷額が約7,170億円で全国1位。化粧水の出荷額も493億円で全国1位。日本の「元気」と「キレイ」は埼玉が支えている!?(平成29年経済産業省「工業統計表(品目別統計表)」)

5 桃も端午も!節句人形づくり
岩槻・鴻巣に代表される伝統的手工芸品の節句人形・ひな人形は全国一位の出荷額(47億円)を誇る!!(平成29年経済産業省「工業統計表(品目別統計表)」)

6 端午の節句、大空を舞うジャンボこいのぼり
こいのぼり日本有数のこいのぼりの生産量を誇る「こいのぼりのまち」加須。
毎年5月には全長100メートルの日本一大きなこいのぼりが大空を雄大に遊泳するよ。

7 安心・安全
「自分たちの地域は自分たちで守る」を合言葉に、防犯パトロールなどを行う自主防犯活動グループ「わがまち防犯隊」。その団体数は6,010(平成30年12月末現在)で日本一! ほんとは愛郷心がとても高いのでは?

8 子育てを熱烈応援
妊婦や中学3年生までの子どもがいる家庭を対象に配布している「パパ・ママ応援ショップ優待カード」。協賛店でカードを提示すると、割引などのサービスが受けられる仕組み。協賛店は県内外に22,776店舗(平成31年2月28日現在)あり、同様の制度を行う道府県の中で最多。

9 ホンモロコで骨元気
埼玉県水産研究所が全国に先駆けてホンモロコの養殖技術を開発。今では年19トン(平成28年)の生産量を誇り日本一。旬は10月から2月。コイ科の中で最も美味と言われ、カルシウムが豊富だよ。

10 現代風ギリシャ神殿~日本一の地下放水路
台風・大雨などによる増水時、中小河川の水を地下に取り込み、江戸川に流す「#首都圏外郭放水路」。春日部市の地下50メートルの深さに建設された、全長6.3キロメートルの放水路は、毎秒プール1杯分、200トンもの水を排出。今年の台風でも大活躍!!

11 行政改革~最小・最強の県庁を目指す~
埼玉県庁県民1万人あたりの県職員数は11.2人で全国一の少なさ。全国平均(23.1人)の半分以下。より効率的な行政運営を行い、最小の費用で最大の効果をあげる「最小・最強の県庁」を目指している。(平成30年4月1日現在)

【郷土自慢】まだまだあるのサ!埼玉自慢【たくさんあるよ】

1 充実した交通網
首都圏という立地に、6つの新幹線や5つの高速道路のほか、東西南北を結ぶ24つの鉄道路線など充実した交通網を持つ。

2 自転車発祥の地
世界最古の自転車機能を有するといわれる「陸船車」を現在の本庄市で百姓をしていた庄田門弥が18世紀初めに発明した。自転車の文化は埼玉から発祥なんだね。

3 成人式もSAITAMAから
成人式の発祥は、昭和21年11月に蕨町(現蕨市)で行われた「成年式」と言われています。蕨市では今日でも、この名称をそのまま使って「成年式」として毎年20歳の祝典を行っているよ。

4 通貨のはじまり
元明天皇の慶雲5年(708年)、武蔵国秩父郡内で発見された自然銅が朝廷に献上された。朝廷は年号を和銅と改め、この後わが国最初の通貨と言われる「和同開珎」を鋳造。秩父鉄道和銅黒谷駅の東約500m付近に和同開珎をかたどった「日本通貨発祥の地」の記念碑が建てられてるよ。

5 日本地質学はここから(地質学発祥)
明治10年(1877年)、東京大学に地質学科が創立され、近代地質学が初めて日本に導入されると、翌年には、初代教授ナウマン博士が長瀞を調査。以後長瀞には、多くの研究者が訪れ数々の地質学者を育てた。埼玉県立自然の博物館前に「日本地質学発祥の地」と刻まれた大きな石碑があるよ。

6 国民皆保険の先がけ
国民健康保険法成立前の昭和11年(1936年)、越ヶ谷町(現越谷市)に成立した「越ヶ谷順正会」は、国民健康保険類似組合第1号。越谷市役所の敷地内には、これを顕彰する「相扶共済の石碑」があるよ。

7 健康を守る保健所
所沢駅東口にある長者久保公園の中に「農村保健館跡」の碑があるよ。実際の跡地は南東方向に約173mいったところらしいけど、農村保健館は昭和12年(1937年)に設置された日本最初の保健所なんだって。

8 航空発祥の地
明治44年(1911年)、徳川好敏大尉の操縦する「アンリー・ファルマン機」は、我が国で初めて公式飛行場での飛行に成功。当日は大勢の見物人がやって来て、食べ物を販売する屋台ができるほどのお祭り騒ぎだったんだって。その舞台となったのは所沢飛行場。現在の所沢航空記念公園なんだよ。

9 初の帝王切開は鎖国中
嘉永5年(1852年)、我が国最初の帝王切開術が飯能市で行われた。鎖国の中、オランダ産科書を頼りに、しかも麻酔なしの開腹術…。母体を救ったのは奇跡的な成功だったんだて。国道299号正丸トンネルのやや南に「本邦帝王切開術発祥之地記念碑」があるよ。

10 うどん、香川に次いで2位
埼玉県のうどん生産量は、讃岐うどんで有名な香川県に次いで全国2位の座に(※1)。また、そば・うどん店の数も全国2位(※2)で、本州随一の「うどんの国埼玉」なのだ。
※1 平成21年農林水産省「米麦加工食品生産動態統計調査年報」
※2 平成21年経済センサス基礎調査

11 農産物の産出額
【全国1位】こまつな、さといも、パンジー(苗)、ゆり(切花)
【全国2位】ネギ、かぶ、ほうれんそう、洋ラン、チューリップ
【全国3位】はくさい、ブロッコリー、きゅうり
農林水産省「平成28年生産農業所得統計」

詳しくは「すごいぞ!埼玉」http://www.pref.saitama.lg.jp/a0301/saitamakennomiryoku/zimannbanasi.html

人気ブログランキングへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました