こころを癒やす小さな写真えほん スズメ写真集『あした、どこかで。』シリーズはこちらからお求めいただけます

本を買う

本を知る

ポストカード

よくある質問

レビュー

写真家

▲ YouTube動画が再生されます(音量にご注意ください) ▲

『あした、どこかで。』は癒やしの写真えほんです

世にも珍しいスズメ写真集

『あした、どこかで。』

■単行本(ソフトカバー): 84ページ

■発売日: 2015年9月1日

■定価:本体1,200+税

 

ズズメ写真集ブームの火付け役! 世界中にファンをもつ写真家うえだこうじと、異色の作家さえぐさはなえが放つ感動の“スズメストーリー”第1弾。写真家うえだこうじがライフワークとしている「身近な自然」の中からスズメの写真だけを厳選し、さえぐさはなえがライトなストーリーに仕上げました。誰が読んでも、どこから読んでも、何度でもお楽しみいただける一冊です。お子様から大人の方までお気軽に楽しんでいただけます。仕事や人間関係に疲れた人、病気で療養中の方にもおすすめです。

読んで感じるスズメ写真集

『あした、どこかで。2』

■単行本(ソフトカバー): 84ページ

■発売日: 2016年9月30日

■定価:本体1,200+税

 

衝撃のデビュー作『あした、どこかで。』から1年。かわいいアイツらが帰ってきた!!

シリーズ第2弾となる本作品には、より動感のある写真を意識的に収めました。また、都会の春夏秋冬をスズメ目線で追いかけて、自然の美しさと共に喜びや厳しさも伝えられる内容となっています。ケンカに負けても、寒い冬が来てもくじけない。そんなスズメたちの強さを存分に感じてください。

うえだこうじが妥協せずに撮ったプロならではの高精細な写真を高い表現力で再現するFMスクリーン印刷も、印刷会社様のご厚意によって実現しました。

わたしを見つけるスズメ写真集

『あした、どこかで。3』

■単行本(ソフトカバー): 124ページ

■発売日:2017年10月30日

■定価:本体1,400+税

 

話題のスズメ写真集第3弾!!

今回は、さえぐさはなえの原作をもとに、写真家・うえだこうじが丹念に撮りおろしたスズメと身近な自然が織りなす舞台のようなストーリー。物や情報にあふれ、時間に追われ過ごしていくうちに見失う「何か」とは—。精細な写真と心に響く短い言葉だけで綴った異色の写真集です。大切なものを失った時、失いそうな時。壊れそうな自分のこころを精一杯励ましながら生きているあなたにこそ読んでほしい一冊です。あとがきには作者(さえぐさはなえ)によるパート1、パート2の解説つき。

みなさまのご感想

たくさんのあたたかいお言葉、ありがとうございます。

※ここにご紹介したもの以外にも、たくさんのレビューをいただきました。詳しくは、アマゾンやヤフーショッピングの商品ページよりご覧いただけます。

よくあるご質問

『あした、どこかで。』シリーズはいつでも・どこからでも・何度でも読める本です

詳しくは下記をご参照ください。

Q1:どんな内容の本ですか?

A1:シリーズ3作、すべて「元気が湧いてくる本」を目指して作りました。スズメの四季を短い言葉と共に写真で追いかけていくうちに、ちょっぴり笑顔になっている…そんな、写真集とも絵本ともいえる「感じる写真えほん」です。

 

Q2:撮影場所やその時の様子などは書いてありますか?

A2:撮影場所や、写真家のコメントは書いてありません。ご自身の身近な場所で、自分がそこにいるようなイメージで想像しながら読んで頂けたらいいなと思っております。

 

Q3:本のサイズはどのくらいですか?

A3:ハンディなB6サイズ(ヨコ12.8×タテ18.2cm)です。小さなバッグにも入るため、通勤や旅のお供にも最適です。

Q4:スズメ以外の写真も載っていますか?

A4:パート1、パート2は「スズメのみ」です。とくにパート2は瞬間瞬間を捉えた高精細なスズメ写真が好評で、美術作品のモデルとしても多くの方にご愛用頂いております。パート3だけは、他の野鳥さんの友情出演もあります。

 

Q5:贈り物に向いていますか?

A5:老若男女、どなたでもお読みいただける癒しの可愛い写真えほんですので、小さなお子様の情操教育にはもちろん、ご両親へのプレゼントとしてなど、多くの方にご利用いただいております。当サイトにてギフト対応を承っておりますので、ご注文の際に備考欄にその旨お伝えください。

かわいいポストカードができました

東京すずめ®ポストカード(撮影:うえだこうじ)がこの度発売となりました。スズメ写真集『あした、どこかで。』で採用された写真を中心に、幻の表紙

やSNSで人気の写真などをラインナップ。ハガキとして大切な方へ送るもよし、インテリアとして自分のために飾ってもよしの魅力的な商品です。

 

お求め方法:AとB、2つのセットからお選びいただけます。価格は1セット¥1,000(税込)

全国一律送料無料にて、当サイトまたはYahoo!店より発売中

【各サイズ】タテ 148 mm × ヨコ 100 mm

【各サイズ】タテ 148 mm × ヨコ 100 mm

Aセット(8枚入り)

セット内容:『あした、どこかで。』(表紙・裏表紙・中面)、『あした、どこかで。2』

(表紙・裏表紙・中面)、<他>イチョウとすずめ、水浴びシーン

Bセット(8枚入り)

セット内容:『あした、どこかで。3』(表紙・裏表紙)、『あした、どこかで。』

(幻の表紙、裏表紙)。<他>群れから飛び立つシーン、雪のシーン、見つめるすずめ、スサー

Bセットには「幻のパート1」

表紙写真も入っている!

最初は左のような表紙イメージで進んでいました。色校正に入る直前、うえだこうじの“明るい表紙にしたい”という思いから、皆さんお馴染みの片足を上げた「ゴキゲンなあの子」と、お花からコンニチハしている「ヒョーキンなあの子」に決まりました‼︎

写真家うえだこうじ

身近なものへの感謝を伝えたい

◀︎うえだこうじSNSは左のアイコンをクリック

「当たり前」「いつものこと」「身近なもの」がある(いる)ということは、人にとって大切なことだと思います。しかし、日々そのことを思い、考え、生きていくことは案外難しいです。調子の良い時、逆に辛さに耐えている時、人はみな癒されたいと「特別な何か」「非日常の何か」「見たこともない何か」と当たり前とは逆のことを心で追い求めがちです…。

私はそうでした。

しかし、普段意識していなかったにも関わらず、いざ「当たり前」が目の前から消えてなくなった時、特別な何かではまったく救われないと感じました。

身近にある「いつも」がもうない…。これは寂しいことです。

私はそんな時スズメに出会い、その触れ合いから気がつきました。「そういえばスズメだって当たり前の鳥じゃないか」「気がつかなかったがいつだっている」「とっても身近な存在」…

私の新しい人生に最初に入ってきた「当たり前」「いつものこと」「身近なもの」はスズメでした。以後、私はその「当たり前」を大切にして生きるようになりました。そうして心から笑うことを忘れた私は、スズメに癒されちょっぴり笑えるようになりました。

そして、徐々に自分の中にかつてとは違う「当たり前」が数多く入ってくるようになりました。それを私はとても幸せだと思っています。

そんな体験から“人が個々に抱く「当たり前」はとても大切で、それを実感して生きることはとても幸せなことなんだ”という思いを伝えたく、まずは私の心を救ってくれたスズメを主人公にした本を出したいと考えました。

そんな考えを編集者であり作家でもある三枝英恵さんに話し、試行錯誤の末に出来上がったのが『あした、どこかで。』というシリーズです。

『あした、どこかで。』はそんな感じの生い立ちなので、スズメ好きの方々、鳥好きの方々だけでなく、人生絶好調で充実した日々を送っている方、逆にかつての私のように人生どん底の方…または病気などで辛い日々を送られている方など、多くの方々に広く見て、読んで、感じで欲しいと思っています。

YouTubeでは私の活動の様子を中心にお届けしております。

 

また、うえだこうじのホームページはこちらです。

>>うえだこうじ ホームページへ<<

本店

営業時間:平日 午前10:00〜午後6:00

東京都江戸川区中葛西6丁目7番12-207号

お問い合わせはこちら

東京すずめ

◀︎aliveSNSは左のアイコンをクリック

▲サイトのトップへ移動▲